FB / TW / IG

奈良 柿の葉ずし「平宗」

奈良は天理にOPENした、柿の葉ずし「平宗」に”scenery”を4セット(8台)納品いたしました。本社工場の横に建てられたこちらの直営店舗では、物販と飲食スペースを備えた販売棟と、柿の葉寿司作りのワークショプなどができる体験棟に分けられており、それぞれ2セットずつ納入いたしました。

細長い空間の販売棟は縦に4台を配置。シーリングファンと交互にリズムよく並びます。フォルムの印象の強い12面体ですが、バーチ仕上げの白さが軽やかで、それほどうるさくありません。天井が高いせいか、ホールのような豊穣な響きが生まれ、小音量でも空間の隅々まで優しい音楽が広がります。

吉野杉や檜をふんだんに使った設計は藤岡建築研究室。建築家の藤岡龍介さんにはご自宅でも”scenery”を愛用いただいており、今回の導入を推薦くださいました。

スピーカーの設置後、これからここで働く販売スタッフの方に操作の方法をレクチャー。選曲や音量ひとつで場の空気がガラリと変わり、居心地の良さを左右することを共有しました。

通路を挟んで建つ体験棟は、講座やワークショップなどを行うための広々としたスペース。ここでは四隅にスピーカーを設置しました。人数によって部屋を手前と奥で仕切って使う可能性や壁に映像を映す向きなどを考慮し、LRを配置しました。

映像を見たり、CDをかけたり、マイクを使ったトークがあったりと、この空間でのスピーカーの用途は色々。アンプやミキサーなど周辺機器の選定とインストールはSOUND-1の松尾さんが担当してくださいました。”scenery”の特性をご理解いただいた上で丁寧に最終調整を行ってくださり、どの音源が流れても違和感のない自然な音響空間となりました。

柿の葉ずし 平宗

recent posts

Pagetop