FB / TW / IG

東京 デザイン事務所

東京は渋谷のデザイン事務所に12面体スピーカー”scenery”を納入いたしました。

音楽がお好きなお客様、仕事中は常に音楽を流されるのですが、これまで置かれていた指向性のスピーカーだと、スピーカーに近い席の人にはうるさく感じられるため、あまり大きな音を出せず物足りなく感じておられました。

その点、listudeの無指向性スピーカーはほとんどが部屋の反射音を聴くため、近くても遠くても音量や聴こえ方に差がないのが特徴。今回も空間の対角に配置し、全体が満遍なく響きます。

既存天井でしたが、照明レールをうまく使って吊り下げ、這わせたスピーカーケーブルもそれほど目立ちません。コンクリート素材にバーチ仕上げの白木がシャープに映えます。

アンプは真空管のモノラルアンプで、ハムノイズなどが無い非常にコンディションの良い状態。50年代あたりの女性ボーカルやチェロの独奏などを聴かせてもらいましたが、真空管アンプならではの艶やかな再生音でした。お客様はアナログマニアで、ご自宅には1,000枚以上(!)コレクションがあるそうで、聴き直す楽しみができた、と喜んでいただけました。

recent posts

Pagetop